おのころ島神社おのころじまじんじゃ

評価 ★★★☆ [3.5]
社格
所在地 兵庫県南あわじ市榎列下幡多415
地名 淡路島
参拝所要時間の目安 20分
訪問回数 1回
近隣の神社 大和大国魂神社
交通アクセス 淡路交通バス榎列(えなみ)バス停より徒歩10分。高速舞子や三ノ宮から直通の高速バスあり。
地図
トイレ ○あり

コメント

古事記・日本書紀の国産み神話の舞台。伊弉諾命・伊弉冉命の二神が天の浮橋から海を掻き回した際に潮がおのずと凝り固まってできた島が「おのころ島」。漢字で書くと「自凝島神社」。この島に降り立って、淡路島をはじめとして島を創っていく。

榎列バス停から当社に向かって歩いていくと、神社を囲む独特の形の森と赤い大鳥居が目を引く。以前は参拝者は少なかったということだが、参拝時、かなりの人で賑わっていた。

画像

由緒書・説明・境内図など

鳥居・境内・社殿など

境外・近隣の風景など