葛城一言主神社かつらぎひとことぬしじんじゃ

評価 ★★★★ [4.0]
社格 名神大社/県社
所在地 奈良県御所市森脇432
駅名 近鉄御所
参拝所要時間の目安 20分
訪問回数 1回
特徴・属性 人多い
眺望・景色の素晴らしい神社
近隣の神社 長柄神社
高鴨神社
高天彦神社
鴨山口神社
葛木坐火雷神社
交通アクセス 近鉄御所駅より御所市コミュニティバス「ひまわり号」西コース内回り20分、森脇下車徒歩4分。
近鉄御所駅より御所市コミュニティバス「ひまわり号」西コース外回り35分、豊田下車徒歩10分。西コース外回りは森脇に停車しないことに注意。
地図
トイレ ○あり

コメント

葛城エリアの中心的存在の神社。おそらく、葛城で最も知名度が高い神社。関東でも知られており、自分が行ったことがある神社で言えば、茨城県常総市に一言主神社がある。

神社そのものの場の気としては一宮には及ばないかもしれないが、参道がとても素敵で、当社後方の山と相まって素晴らしい景色と雰囲気である。

文字通り、一言の願いならどんな願いでも叶えてくれるという神様。古事記に出てくる話は私も記憶にあり、印象深い。

雄略天皇一行が葛城山に登った際、向かいの山に同じように登山する一行を見る。それが天皇一行とそっくりな姿だった。「大和の国の王は私のほかにいないのだが、おまえは何者だ」と問うと、同じ言葉が返ってくる。天皇一行が弓を相手に向けると、相手も天皇一行に弓を向ける。天皇が「名を名乗れ」と言うと、「私は、凶事も一言、吉事も一言で解決する神、葛城の一言主の大神である」と返事が来て、天皇が敬意を示して謝罪するという話である。

参拝の日、葛城エリアを鴨都波神社、葛木坐火雷神社、鴨山口神社と巡った後の当社への参拝だったが、この日初めて参拝者が多い神社だった(鴨山口神社で別の参拝者が1人いただけ、あとは私1人)。

画像

由緒書・説明・境内図など

鳥居・境内・社殿など

境外・近隣の風景など