洩矢神社もりやじんじゃ

評価 ★★★★- [4.0-]
社格 村社
所在地 長野県岡谷市川岸東1-12
駅名 岡谷
参拝所要時間の目安 20分
訪問回数 1回
特徴・属性 他に類を見ない・独特の雰囲気
近隣の神社 岡谷十五社神社
千鹿頭神社
交通アクセス JR中央本線岡谷駅より徒歩14分。
地図
トイレ ×なし

コメント

諏訪地方の産土神である洩矢神(もりやしん)を祀る。建御名方神が諏訪に追われた際に、戦いになり洩矢神が敗れたとされる。

岡谷周辺の神社は地理的に下社と関連が深い(下社最寄駅の下諏訪と岡谷は隣同士)のだが、当社は上社と関連が深く、周辺の神社とは全く異なっていると由緒書にあった。

まず、社名の洩矢は音が「もりや」であるが、これが上社の神長官であった守矢氏(御頭御社宮司総社の項を参照)の「もりや」と同音である。当然、何らかの関連が予想されるが、案の定、守矢氏は洩矢神の子孫だということである。従って、前宮、本宮、南方御社宮司社、北方御社宮司社、習焼神社、蓼宮神社、千鹿頭神社と続いてきた上社関連の神社はここで終わりではなく、岡谷の洩矢神社までつながっていたのである。

当社は素晴らしい社叢に包まれた、少し独特の雰囲気の樹木の気を感じる静寂な神社。近年、有名になった神社らしいのだが、参拝時にはほかの参拝者は見受けられなかった。

画像

由緒書・説明・境内図など

鳥居・境内・社殿など