一之宮貫前神社いちのみやぬきさきじんじゃ

評価 ★★★★ [4.0]
社格 上野国一宮/名神大社/国幣中社/別表
所在地 群馬県富岡市一ノ宮1535
駅名 上州一ノ宮
参拝所要時間の目安 30分
訪問回数 5回以上
特徴・属性 人少ない
近隣の神社 妙義神社
中之嶽神社
交通アクセス 上信電鉄上州一ノ宮駅より徒歩15分。
富岡市乗合タクシー菅原線、神社裏下車。妙義神社から上州富岡駅へ向かう乗合タクシー(ワゴンバス、同じものをバスと呼ぶ自治体もある)で神社裏という停留所があるが、この「神社」とは当社である(なぜ「貫前神社裏」という名称にしないのか、旅行記参照)。
地図
トイレ ○あり

コメント

石段を下ると社殿がある「下り宮」で有名。一宮としては平均的な気がして、個人的に評価4.0の基準神社としている。つまり、評価4.0を付けるかどうかという際には、当社との比較をすることになる(ほかの神社とも比較するが、基準がなるべくぶれないように基準神社を決めている)。

一宮として考えると、ずば抜けていることもなく、悪くもなく。ただし、群馬県は榛名神社、赤城神社、妙義神社と山岳系の名社ぞろいなので、その点少し厳しいか。

旅行記的なこと・もう一言いいたい

比較的行きやすいところにあるので、3回か4回参拝している。ある時、妙義神社に参拝した際、帰りに上州富岡駅までの富岡市のワゴンバス(と思っていたが、今調べると乗合タクシー)に乗った。次の予定が当社で、上州富岡まで行って電車で上州一ノ宮へという予定だったのだが、地図を見ながら乗っていると、なんだか当社の近くを通るのではないかという予感がしてきた。運転手さんに「このバスは貫前神社の近くを通りますかね」と訊いたら、まさに神社裏バス停の神社が貫前神社のことだった。

このようなことは頻繁にある。なぜ、誰にでもわかるような名称にしないのか。有名神社なら日本全国から参拝に訪れる時代。「伝わる」「わかりやすい」名称にしてほしい。

画像

由緒書・説明・境内図など

鳥居・境内・社殿など

境外・近隣の風景など