鷲宮神社わしのみやじんじゃ

評価 ★★★★- [4.0-]
社格 県社/別表
所在地 埼玉県久喜市鷲宮1-6-1
駅名 鷲宮
参拝所要時間の目安 40分
訪問回数 3回以上
特徴・属性 他に類を見ない・独特の雰囲気
交通アクセス 東武伊勢崎線鷲宮駅より徒歩6分。
地図
トイレ ○あり

コメント

埼玉県の有力神社の1社。創建は紀元前148年から紀元前29年頃とされ関東最古の大社を自称するが、鹿島神宮、香取神宮、大宮氷川神社などの方が古い。もっとも社伝では神代の昔に天穂日命(アメノホヒ)が大己貴命(オオナムチ)を祀ったのが始まりとしているので、もうこうなると証明のしようがない。アメノホヒはアマテラスの子である。

(3回目参拝時)
これまで2回の参拝は夕暮れ時だったが、初めて昼過ぎの参拝。そして、桜の季節。長い年月を経て、数年振りの参拝だったが、これまでにない好印象。2回目参拝時までの評価3.5を4.0-に修正。

本殿の配置が独特。本殿奥の社叢を巡る散策路に多数の境内社がある。

画像

由緒書・説明・境内図など

鳥居・境内・社殿など