倭姫宮やまとひめのみや (内宮別宮)

評価 ★★★★☆ [4.5]
社格
所在地 三重県伊勢市楠部町5
駅名 五十鈴川
参拝所要時間の目安 15分
訪問回数 2回
特徴・属性 好きな神社
近隣の神社 伊勢神宮 外宮
伊勢神宮 内宮
月讀宮
箕曲中松原神社
交通アクセス JR参宮線・近鉄山田線伊勢市駅より三重交通バス内宮行(徴古館経由)10分、徴古館前下車すぐ。逆方向の五十鈴川駅からはバス4分。
近鉄鳥羽線五十鈴川駅より徒歩16分。
地図
トイレ ○あり
神宮美術館の北の駐車場にあり。

コメント

徴古館側の駐車場(タクシーはここに停まる)からの東参道からの参拝者ばかりだが、徴古館前バス停側からの長い表参道を是非歩きたい。

倭姫命(やまとひめのみこと)は天照大神を祀る場所を探し、現在の内宮を創建したとされる。近年まで倭姫命を祀る神社がなかったため、大正になってから創建された新しい神社。

気品があり凛とした印象を受ける。

近くに徴古館、神宮美術館がある。徴古館は神宮の博物館である。祭祀、式年遷宮に関する資料や展示、神宝や装束などは大変興味深い。神宮に関する展示は基本的にこの徴古館になる。神宮美術館は神宮に奉納された、神宮所有の美術品の展示であり、ほぼ全ての展示作品は神宮や神社には無関係であるため、通常の美術館のようなものである。

画像

鳥居・境内・社殿など

境外・近隣の風景など