現代神名帳げんだい じんみょうちょうについて

昨今の神社ブーム・パワースポットブームにより、神社巡りを趣味とする人が増えています。私もその一人です。しかし、不思議なことに「良い神社のリスト」というものが世の中にほとんど存在していません。

今を遡ること1000年以上前の平安時代、延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)と呼ばれる公式の神社リストが存在していました。このリストに記載されている神社は現在でも「式内社」と呼ばれ、尊重されています。

この「現代神名帳」は延喜式神名帳の現代版となるべく、ある個人(私=Fさん)が神社のリストとして作成しているものです。この現代版の神社リストでは、神社をデータベース化していますので、5点満点の評価で4点以上の神社を検索すれば延喜式神名帳の名神大社級の神社のリストが、3点以上の神社を検索すれば延喜式神名帳の小社級の神社のリストが得られるようになっています。目的は良い神社のリストの提供にありますが、「良い」の基準となる閾値の評点は設けずに各人の好みによって検索してもらえるようになっています。なお、評価はFさんの主観ですが、評価基準はあります。評価基準のページを参照してください。

「現代神名帳」の意義・目的は以下のようになります。

  • 良い神社のリストを提供する。
  • 各神社への公共の交通機関でのアクセス方法を提供する。
  • 参拝対象の神社を判断するための材料(情報・画像など)を提供する。

近況報告

[2018.12.07] 地図検索の機能を追加しました。[地図検索のページ]

[2018.11.10] ウィキペディアから延喜式内名神大社の情報を入力しました。過去に入力済みだったものも見直しを行いました。

1)ほかに候補となる神社が存在しないもの。
2)ほかに論社は存在するが、明らかに最有力のもの。
3)同じくらい有力な論社が複数存在するもの。
4)ほかの論社の方が有力なもの。

以上のうち、1)2)は全て入力しました。本サイトでの表記は単に「名神大社」です。3)も全て入力したと思います。4)は入力したものも、入力していないものも存在します。3)4)の当サイトでの表記は「名神大社[論]」です。基本的にこれらの判断はウィキペディアに準じていますが、一部独自判断で変更した箇所もあります。式内社は完全なリストにはなり得ないものであり、参考情報として考えてください。

[2018.11.07] ネットの特定の情報源から得られた府県社の情報を全て入力しました。現時点で本サイトのデータベースに登録されている府県社は966社です。終戦当時の府県社の数は1148社だったという情報がありますので、細かい数え方等の問題はあるかもしれませんが、府県社の網羅率は約84%となりました。神社検索のページで「県社」または「府社」を指定して(現状では同時に指定できません)「未参拝の神社を含める」をチェックして検索すれば府県社一覧が表示されます。私自身は未参拝だらけですが、神社リストとしてはかなり網羅性が高まりました。神社巡り旅行の際の取りこぼし(近隣の神社の見逃し)が少なくなる効果が期待できます。

[2018.10.13] 二宮~九宮の神社で広く認められている神社を全て入力しました(総社は不完全です)。神社検索のページで「新一宮以上」を指定し、「未参拝の神社を含める」をチェックして検索すれば入力済みの一宮~九宮、新一宮は全て表示させることができます。

[2018.10.12] 神社検索のページで一宮、近代社格、式内の検索において「以上」検索ができるようになりました。たとえば「国幣小社以上」「県社以上」などの検索が可能です。ただし、プルダウンリストの表示順に社格が上という前提になります。

[2018.10.11] 一宮、官幣社、国幣社、別格官幣社を全て入力しました。過去に参拝した神社の画像の整理も終わっており、画像が見付からなかった7社以外は何らかの画像があります。

[2016.08.02] 個人による試みですので、日本全国の神社が網羅できている訳でもありませんし、過去に参拝した神社の画像の整理なども追いついていませんが、まずは公開したいと思います。

未参拝の神社を含める
評価順に表示(都道府県ごと)