一宮神社いちのみやじんじゃ

評価 ★★★★☆ [4.5]
社格 阿波国一宮[諸国・非加盟]/名神大社[論]/県社
所在地 徳島県徳島市一宮町西丁237
駅名 徳島
参拝所要時間の目安 20分(一宮城跡含めて1時間~)
訪問回数 1回
特徴・属性 好きな神社
知られざる名社
他に類を見ない・独特の雰囲気
近隣の神社 上一宮大粟神社
八倉比売神社

近隣の神社を地図で確認
交通アクセス JR高徳線徳島駅より徳島バス神山高校前行(神山線)28~36分、一の宮札所前下車すぐ。同じ神山高校前行でも佐那河内線は一の宮札所前を通らないので経由に注意。
JR高徳線徳島駅より徳島市営バス(徳島バスに運行委託)一の宮札所前行または刑務所前行(一宮線・天の原西線)いずれか31~37分、一の宮札所前下車すぐ。

[補足]
同じ方向のバス路線なのに、徳島バスの管轄路線と徳島市営バスの管轄路線があり、しかも後者は運行を徳島バスに委託している。ネットで路線検索した場合、全て徳島バスと表示される場合があるが、徳島駅前でのバスのりばは別れているので注意。経由も複雑な上に、一の宮札所前行を一宮行と表示・案内したり(一の宮札所前のほかに一宮バス停がある)、非常にわかりにくく、利用者のことを全く考えていない表示・案内が多すぎる。

あらかじめバスの行き先・時刻を調べて決めてから乗車すること、徳島駅前から乗車の際には時間に余裕を持って少し前に乗り場に行くことなどが必要であると思われる。
地図
トイレ ○あり
男女共用

コメント

一宮としては、ほとんど境内面積最小と思われる小さな境内地の神社だが、静謐で非常に美しい神社風景を見ることができる。

そして、柔らかな空気感が独特であり、夢のような空間。

上一宮大粟神社とともに大宜都比売命(オオゲツヒメ)を祀る。オオゲツヒメは五穀豊穣、食物の神であり、ウカノミタマの分身である。天石門別八倉比売命は別名。

元々は上一宮大粟神社が一宮であったのが、参拝に不便であるために国府の近くに当社が創建され、一宮がこちらに移ったとされる。

近くに一宮城跡があり、山頂の本丸跡には若宮神社があるが、当社との関係は不明。山頂往復に当社参拝とは別に40分程度かかった(若宮神社参拝・見学等含む。山頂まで上るだけなら片道15分程度だった)。

画像

由緒書・説明・境内図など

鳥居・境内・社殿など

境外・近隣の風景など