唐沢山神社からさわやまじんじゃ

評価 ★★★★- [4.0-]
社格 別格官幣社/別表
所在地 栃木県佐野市富士町1409
駅名 田沼
参拝所要時間の目安 40分〜1時間
訪問回数 1回
特徴・属性 人多い
眺望・景色の素晴らしい神社
近隣の神社 根古屋神社
一瓶塚稲荷神社

近隣の神社を地図で確認
栃木県の神社一覧
交通アクセス 東武佐野線田沼駅より徒歩約40分(うち登山約15分)。
地図
トイレ ○あり

コメント

藤原秀郷公を祀る別格官幣社。唐沢山の山頂にある。

離島を除く関東にある近代社格が県社以上の神社のうち最後まで未参拝で残っていた神社だが(県社については完全なリストは失われているので当然ながら自分で把握している神社のみ)、当社参拝により巡拝完了となった。

最後まで残っていた理由としては、山頂に鎮座しておりバスがないために登山が必要なうえに、結構行きにくいことと、別格官幣社の巡拝は元々意識していないことがあったのだが、実際に田沼駅から歩いてみると約40分で到着できてしまって驚き、そして、予想外に素晴らしい神社で2度驚いた。

山頂に鎮座しているといっても、標高が低いことと唐沢山城跡にあることもあって、広範囲にわたって非常に整備された環境にある。一宮的な場の気の良さとはまた異なるのだが、整った場の気を感じ、好天に恵まれたこともあって、清浄感と気持ちの良さがとてつもなかった。

眺望も素晴らしく、多くの人で賑わっていた。

旅行記的なこと・もう一言いいたい

当社へは車で行くことができるし、道路も駐車場も整備されている。しかし、残念ながら当社へ向かうバスは存在しない。従って、公共の交通機関のみで神社巡りをしている人にとっては、参拝が少々難しい神社である。

当社は別格官幣社であり、近代社格としては県社よりも格上ということになるが、離島を除く関東の全ての県社への巡拝が完了しても、なお当社が未参拝で残っていたのはそういう理由による。

しかし、意を決して登山することにしたのである。田沼駅からの予想所要時間は約1時間。もちろん、山頂にあるのだから、登山を含む。

ところが、実際には駅からなんと約40分で到着してしまった。

12:31 田沼駅を出発 [海抜64m]
12:51 一の鳥居 [海抜68m]
12:54 関東ふれあいの道(登山道)に入る [海抜83m]
13:07 関東ふれあいの道(登山道)終わり=駐車場到着 [海抜196m]
13:10 実質的な境内入口到着(唐沢山レストハウスそばの鳥居) [海抜206m]

各地点の海抜は後からマピオンで調べたもの。なお、社殿は海抜240m。

境内はそれなりに広く、社殿まではまだ距離があるが、鳥居、境内社、神橋などがあるので、唐沢山レストハウス付近で実質的な境内に入ったということでよいだろう。

そして、よく考えてみれば関東ふれあいの道という登山道らしい登山道はわずか13分程度で終わりである。上り坂の開始地点である一の鳥居から考えても、登山と言えるのは15~20分程度であり、田沼駅から一の鳥居まではほぼ平地である。

登山道を登っていた13分間だけは確かに苦しかったが、全体としては拍子抜けである。

田沼駅からの徒歩によるアクセスがこんなにも容易だと知っていれば、数年前には当社を訪れていた気がする。当社へのアクセスに関する情報は長期間にわたって調べていたのだが、これほどの具体的な情報は見当たらなかったのである。関東ふれあいの道の入口だってハイキングマップのようなものでは曖昧で分からず、グーグルマップのストリートビューを何度も見て、ここで間違いなさそうだと確信を得るまでには時間がかかった。

以下、さらに具体的情報。

一の鳥居の位置は、田沼駅から当社へ向かう県道115号が山道に入る前の突き当り。佐野国際クリケット場の少し先の正面。

この一の鳥居の奥から左手方向に道があり、一の鳥居の建てられ方からするとこの道を進むような気がするのだが、これは間違い。私が行ったときにはこの道は通行止めになっていた。

駅から歩いてきた県道115号が右手にほぼ直角にカーブしているが、それをそのまま右手に進む。3分くらいで最初のヘアピンカーブがあるが、ここに関東ふれあいの道(登山道)の入口がある。あとは一本道(と私は思ったがマピオンを見ると分岐がある。どこに分岐があったのかわからなかった)。15分程度の登山で唐沢山城跡の駐車場に出る。

画像

由緒書・説明・境内図など

鳥居・境内・社殿など

境外・近隣の風景など