奈多宮なだぐう

評価 ★★★+ [3.0+]
社格 県社
所在地 大分県杵築市奈多229
別名 奈多八幡宮
別名読み
駅名 大神
参拝所要時間の目安 30分
訪問回数 1回
特徴・属性 他に類を見ない・独特の雰囲気
眺望・景色の素晴らしい神社
近隣の神社 若宮八幡社
椿八幡神社

近隣の神社を地図で確認
交通アクセス JR日豊本線大神駅近くの大神駅前バス停より大分交通バス国東行32分、奈多八幡下車徒歩6分。このバスは大分駅前から乗車可能で、その場合はバス1時間33分。途中でいくつかの駅付近を通る。また、途中で県社若宮八幡社の最寄りバス停である杵築バスターミナルを通り、この先では県社椿八幡神社の最寄りバス停である下糸原を通る。
地図
トイレ ○あり

コメント

八幡宮は多くの場合、応神天皇と神功皇后が祀られているが、もう一柱には色々なパターンがあり、宇佐神宮を始めとするこの辺りでは比売大神が祀られることが多く、この比売大神とは宗像三女神を指す。

当社はこの八幡宮の世界で言う比売大神の発祥の地とのことである。

そして、このため、八幡宮と同じく、応神天皇、比売大神、神功皇后が祀られているが、第一神座には比売大神、第二神座に応神天皇、第三神座に神功皇后となっている珍しい神社である。

海に面して鳥居があり、短いながらも海側からの正面参道がある。境内から鳥居越しに望む海が印象的な神社である。

しかし、一方でかなり広い境内からは荒廃した印象を受ける。参道と社叢などはほとんど手入れがされておらず、社殿周辺も海に面した印象的な鳥居と比較すると特にどうということもなく、寂しいものである。

画像

由緒書・説明・境内図など

鳥居・境内・社殿など