金桜神社(山梨市牧丘町)かなざくらじんじゃ やまなししまきおかちょう

評価 ★★★☆ [3.5]
社格 式内[論]/村社
所在地 山梨県山梨市牧丘町杣口
駅名 山梨市・塩山
参拝所要時間の目安 20分
訪問回数 1回
特徴・属性 好きな神社
近隣の神社 白幡神社
大木神社
中牧神社
松尾神社
黒戸奈神社

近隣の神社を地図で確認
山梨県の神社一覧
交通アクセス JR中央本線山梨市駅より山梨市民バス西沢渓谷線13分、窪平(くぼだいら)下車乗り換え。窪平より山梨市民バス牧丘循環線杣口行16分、終点杣口上(そまぐちかみ)下車すぐ。
JR中央本線塩山駅より山梨市民バス牧丘循環線窪平行15分、窪平下車乗り換え。以下同じ。
地図
トイレ ×なし

コメント

甲斐国山梨郡の式内金桜神社の論社の1つ。参拝時点で4つの同名論社をリストアップしていたが、当社は最終4番目の参拝。

論社はたくさんあるものの、式内金桜神社はさすがに昇仙峡近くの金桜神社でよいのではないかと思っていたのだが、当社も素晴らしい神社である。

境内入口の構えからして、なかなかの神社であることを感じさせる。手水舎はもう使われていないが、そのすぐ脇を小さな川が轟音を立ててもの凄い勢いで流れており、ちょっとした滝のようになっている。柄杓があれば、これを御手洗場(みたらし)として利用できそう。

そして、社叢が素晴らしい。神気に包まれている。

ただし、当社は元々はもう少し北にあったのを、中世に人々が山地文化から平地文化に移行したために当社も現社地に遷座したということである。

当社より南700mほどの場所に一の鳥居があり、途中には灯籠もあることから、この地域の大社であったことが伺える。

神社とは関係ないが、牧丘はぶどうの生産が非常に盛んな地域であり、当社から窪平バス停に向かう間、徒歩では約1時間の距離があるが、ずっと一面ぶどう畑である。逆に、ぶどう畑以外のものがあまり見当たらず、これだけぶどう畑だけの風景というのは初めてである。ぶどう畑で作業している人の姿も何度も繰り返し目にした。

ぶどうの生産に向くとされる山の斜面がそれだけ続くのである。

実際に歩くとかなりの坂道であり、標高差があるため、当然ながら片道をバスに乗るのであれば行きに乗るべきである。帰りはいくつかの地元の神社に立ち寄りながら、ぶどう畑を眺めながら、散歩気分で窪平バス停まで下ってくることができる。

画像

由緒書・説明・境内図など

鳥居・境内・社殿など

境外・近隣の風景など