豊葦原神社とよあしはらじんじゃ

評価 未参拝 [0.0]
社格
所在地 熊本県八代市豊原上町3011
別名 遥拝神社
別名読み ようはいじんじゃ
駅名 八代
参拝所要時間の目安
訪問回数 未訪問
近隣の神社 八代宮
八代神社

近隣の神社を地図で確認
熊本県の神社一覧
交通アクセス JR鹿児島本線八代駅より九州産交バス坂本駅前行6分、遥拝下車徒歩1分。
JR鹿児島本線八代駅より徒歩32分、2.6km。
肥薩おれんじ鉄道肥後高田(ひごこうだ)駅より徒歩26分、2.1km。
地図

コメント

なんと言っても社名が豊葦原神社である。そして、これが正式名称。

一方で、通称の遥拝神社というのも興味を惹かれる名称である。一般的にはこの名称で呼ばれ、最寄バス停も遥拝である。この遥拝神社の名称の由来は諸説あって、定まっていないとのこと。

それにも関わらず、由緒書には征西将軍懐良親王という人が当社から吉野の皇居を遥拝していたから遥拝宮となったということが書かれている。

そうなのかもしれないが、当社の鳥居から社殿に向かう境内参道は南西から南南西の間くらいを向いている。社殿に向かって正面に立った時に、この方向を向く。この延長線上に何があるかと言えば、日南の鵜戸神宮である。古代日本の統治者であるウガヤフキアエズが統治を行ったのが鵜戸神宮である。

この方が神社名称と合致していて、自然なのではないかと思うが、どうだろうか。

なお、御祭神は創建時にクニトコタチからウガヤフキアエズまでの十六柱を勧請、後に阿蘇の神三座を合祀、現在では八幡宮の仲哀天皇、応神天皇、神功皇后を相殿にしているとのことで、ウガヤフキアエズは当社御祭神に含まれている。